刑事訴訟における賠償

犯罪により損害を被ったことがありますか? 民事訴訟だけでなく刑事訴訟でも賠償を請求できることをご存知ですか? 自分の権利と損害賠償を受ける方法を知っておくことは重要です。オランダでは、刑事訴訟法 (Sv) により、犯罪被害者は刑事裁判所を通じて賠償を請求できます。刑事訴訟法第 51f 条では、刑事犯罪により直接的な損害を受けた人は、被告に対する刑事訴訟の被害者として賠償請求を申し立てることができると規定されています。

損害賠償を請求するにはどうすればいいですか?

  1. 共同:刑事事件における損害賠償

あなたが被害者となっている犯罪について、検察官が被告人を起訴することに決めた場合、あなたは被害者として刑事訴訟に「参加」することができます。つまり、刑事事件において被告人に損害賠償を請求することになります。あなたの弁護士は、あなたの情報や書類を参考にして相談しながらこの請求を作成します。この手続きは、刑事犯罪の被害者のために作られたもので、損害賠償を回収するために別の手続きを開始する必要がありません。あなたは刑事裁判に出席して請求を説明することができますが、これは必須ではありません。重大犯罪の場合、被害者や遺族にも、経験や結果を共有するために話す権利があります。裁判官が被告人に判決を下す場合、裁判官はあなたの請求も評価します。

刑事訴訟における賠償の条件

刑事訴訟において損害賠償請求をするには、特定の条件があります。以下では、被害者として損害賠償請求を成功させるために必要なことをよりよく理解していただけるよう、これらの条件について説明します。

許容性

受け入れるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 処罰または措置: 被告人は有罪とされ、刑罰または措置が科せられなければならない。
  • 直接的なダメージ: 損害は証明された犯罪行為によって直接引き起こされたものでなければならない。
  • 不均衡な負担なし: 当該請求は刑事訴訟に過度の負担を課してはならない。

この文脈に関連する要因:

  • クレームの規模
  • 複雑さ
  • 裁判官の民法に関する知識
  • 弁護側は主張を反駁する十分な機会がある

コンテンツ要件

  • 明らかな因果関係: 犯罪と被害の間には明らかな因果関係がなければなりません。被害は直接かつ明らかに犯罪の結果でなければなりません。
  • 強力な証拠: 犯罪者の有罪を示す強力な証拠がなければならず、刑事裁判所が請求を認める可能性が高くなります。また、被告が損害に対して責任があることを示す証拠も必要です。
  • 立証責任: 被害者は、損害と犯罪との関連性を証明する十分な証拠を提示する必要があります。請求の適切な立証が不可欠です。

刑事訴訟における併合の利点

  • 簡単な手順: 民事訴訟に比べて比較的簡単で迅速です。
  • 独自のコレクションはありません: 請求が認められた場合、自分でお金を集める必要はありません。
  • 効率とスピード刑事事件で賠償金が直接扱われるため、民事訴訟を別途起こすよりも迅速である。
  • コスト削減被害者として参加する方が、別途民事訴訟を起こすよりも費用がかからないことが多い。
  • より強力な証拠の立場: 刑事訴訟では、被告に対する証拠が収集され、検察庁 (OM) によって提出されます。この証拠は、補償請求を裏付けるためにも役立ちます。

刑事訴訟における併合のデメリット

  • 単純なダメージ: 容易に確認できる損害のみ回復できます。
  • 不確実性: 被告が無罪になった場合の結果は不確実

補償措置と前払い制度

賠償金が支払われる場合、刑事裁判所は賠償命令を課すことが多い。これは、犯罪者が国家に賠償金を支払わなければならず、国家がそれを被害者に渡すということを意味する。中央司法徴収機関 (CJIB) は検察官に代わって犯罪者からこれらの金額を徴収する。しかし、よくある問題は、犯罪者が支払い不能になり、被害者が依然として賠償金を受け取れない可能性があることである。

この問題を部分的に解決するために、CJIB は、暴力犯罪や性犯罪に対して、犯罪者が支払ったかどうかに関係なく、2011 か月後に残額を被害者に支払います。「前払い制度」として知られるこの制度は、XNUMX 年から実施されており、自然人のみに適用されます。

財産犯罪などのその他の犯罪については、2016年から最大5,000ユーロの前払い制度が適用されています。この制度により、被害者は補償金をより早く受け取ることができ、精神的負担や費用が軽減されます。

すべての被害者が十分な利益を得られるわけではないが、この制度は民事訴訟に比べて大きな利点がある。

損傷の種類

刑法では、犯罪行為と直接の因果関係があり、損害が合理的かつ必要であれば、物質的損害と無形的損害の両方を賠償することができます。

  1. 物的損傷: 犯罪の結果として発生したすべての直接的な金銭的費用が対象となります。例としては、医療費、収入の損失、損傷した財産の修理費、その他犯罪に直接起因する費用などが挙げられます。
  2. 無形の損害: これには、痛み、悲しみ、精神的苦痛などの非金銭的損害が含まれます。無形の損害に対する賠償には、「苦痛と苦悩」に対する賠償が含まれることがよくあります。

中で Law & More、私たちはあなたの損害品が刑事法上の賠償請求に適しているかどうかの評価をお手伝いします。すべての損害品が自動的に刑事訴訟の対象となるわけではありません。

刑事訴訟における判決の可能性

刑事裁判で損害賠償請求を申し立てる場合、裁判官はいくつかの決定を下すことがあります。

  1. 裁定: 裁判所は損害賠償の全部または一部を裁定し、多くの場合、損害賠償命令を直ちに下します。
  2. 不受理: 裁判所は損害賠償請求の全部または一部を不受理と宣言します。
  3. 却下: 裁判所が損害賠償請求の全部または一部を却下します。

 

  1. 民事訴訟

刑事裁判所があなたの請求を全額認めない場合、または別の方法で損害賠償を請求することを選択した場合は、民事訴訟を起こすことができます。これは、被告に対して被った損害を訴える別の訴訟です。損害の原因について多くの議論がある場合、または検察が起訴しないことを決定した場合、複雑な損害に対して民事訴訟が理にかなっていることがよくあります。このような場合、刑事訴訟内で(すべての)損害に対する補償を常に得られるとは限りません。

民事訴訟のメリット

  • 全額の損害賠償を請求できます。
  • 専門家の証拠などを通じて損害を立証する余地が広がります。

民事訴訟のデメリット

  • コストは高くなることが多いです。
  • 賠償金は相手から自分で回収しなければなりません。

 

  1. 暴力犯罪被害基金

重大な暴力犯罪や道徳犯罪の被害者は、暴力犯罪被害者のための損害賠償基金に補償を申請できます。この基金は、実際の損害ではなく、傷害の性質に基づいて一時金を支払います。基金は通常 6 か月以内に決定し、すぐに給付金を支払います。傷害基金への申請のほか、刑事または民事訴訟での請求も可能です。二重の補償は認められていないため、加害者からすでに補償を受けているかどうかを明記することが重要です。申請のお手伝いもいたします。  

 

認定条件 Law & More 刑事訴訟における賠償金の獲得をお手伝いします

  1. 損害賠償請求の評価: 私たちは、あなたの損害賠償請求が刑事法上の賠償請求に適しているかどうかを判断するお手伝いをいたします。
  2. 法的なアドバイス: 私たちは、刑事訴訟におけるあなたの請求の実現可能性や、民事訴訟を追求する方が賢明かどうかについて専門的な法的アドバイスを提供します。
  3. 請求書の準備: 弊社は、必要な書類と裏付け書類によってお客様の請求が十分に根拠のあるものであることを確認し、裁定が成功する確率を高めます。弊社は、損害の特定、裏付け書類の収集、請求の準備、および参加フォームの提出をお手伝いします。
  4. 裁判中のサポート: 私たちは法廷審問に同行し、あなたの利益が可能な限り最善の方法で代表されることを保証します。

お問い合わせ

刑事訴訟や民事訴訟における補償についてご質問がありますか?もしそうなら、遠慮なく弁護士にご連絡ください。 Law & More.

Law & More