慰謝料と再計算

金融協定は離婚の一部です。 協定のXNUMXつは通常、パートナーまたは子供の慰謝料に関するものです。子供または元パートナーの生活費への貢献です。 元パートナーが共同で、または彼らのXNUMX人が離婚を申請する場合、慰謝料の計算が含まれます。 法律には、慰謝料の支払いの計算に関する規則は含まれていません。 そのため、審査員が作成したいわゆる「トレマ基準」がその出発点となっています。 必要性と容量は、この計算に基づいています。 必要性は、元パートナーと子供たちが離婚前に慣れていた幸福に言及しています。 通常、離婚後は、元のパートナーが同じレベルで福利を提供することはできません。これは、財務スペースまたはその能力が制限されているためです。 子供の慰謝料は通常、パートナーの慰謝料よりも優先されます。 この決定後もまだ財務能力が残っている場合は、パートナーの慰謝料として使用できます。

慰謝料と再計算

パートナーまたは子供の慰謝料は、元パートナーの現在の状況に基づいて計算されます。 しかし、離婚後、この状況とそれに伴う支払い能力は、時間とともに変化する可能性があります。 これにはさまざまな理由が考えられます。 このコンテキストでは、たとえば、新しいパートナーと結婚することや、解雇による収入の低下を考えることができます。 さらに、最初の慰謝料は、不正確または不完全なデータに基づいて決定された可能性があります。 その場合、慰謝料を再計算する必要があるかもしれません。 多くの場合意図ではありませんが、あらゆる種類の慰謝料を再計算すると、元のパートナーに古い問題が生じたり、元の財務上の問題が生じたりして、元のパートナー間の緊張が再び高まる可能性があります。 したがって、調停者に変更された状況を提出し、慰謝料の再計算を行うことをお勧めします。 Law & Moreの調停者はこれを喜んでお手伝いします。 Law & Moreの調停者は、協議を通じてあなたを導き、法的および感情的なサポートを保証し、双方の利益を考慮に入れてから、あなたの共同契約を記録します。

ただし、調停が元パートナー間の望ましい解決策につながらず、したがって、慰謝料の再計算に関する新しい合意につながらない場合もあります。 その場合、裁判へのステップは明白です。 この一歩を法廷に出したいですか? 次に、常に弁護士が必要です。 弁護士は、法廷で扶養義務を変更するよう要求できます。 その場合、あなたの元パートナーは、XNUMX週間以内に、弁護人の声明または反訴を提出します。 その後、裁判所はメンテナンスを変更することができます。つまり、メンテナンスを変更、またはゼロに設定することができます。 法律によると、これには「状況の変化」が必要です。 そのような変更された状況は、例えば、以下の状況です。

  • 解雇または失業
  • 子供の再配置
  • 新規または異なる作業
  • 再婚、同棲、または登録済みのパートナーシップを締結する
  • 保護者によるアクセス体制の変更

法律は「状況の変化」の概念を正確に定義していないため、上記以外の状況も含まれる場合があります。 ただし、これは、同棲、結婚、または登録済みのパートナーシップに入ることなく、仕事が減るか、単に新しいパートナーを取得することを選択した状況には適用されません。

裁判官は状況に変化がないと判断しますか? その後、あなたの要求は許可されません。 状況に変化はありますか? その後、もちろんあなたのリクエストは許可されます。 ちなみに、元パートナーからの応答がない場合は、調整なしですぐにリクエストが許可されます。 決定は通常、公聴会の3〜XNUMX週間後に行われます。 裁判官はその決定において、パートナーまたは子供の維持管理において新しく決定された金額の期日も示します。 さらに、裁判所は、メンテナンスの変更が遡及的効果をもって行われると決定する場合があります。 あなたは裁判官の決定に同意しませんか? その後、XNUMXか月以内に申し立てを行うことができます。

慰謝料について質問がありますか、または慰謝料を再計算してもらいたいですか? 次に連絡してください Law & More。 に Law & More、私たちは離婚とその後の出来事があなたの人生に大きな影響を与える可能性があることを理解しています。 それが私たちが個人的なアプローチを持っている理由です。 あなたと、場合によってはあなたの元パートナーと一緒に、文書に基づいて会話中のあなたの法的状況を判断し、計画を立ててから、慰謝料の再計算に関するあなたのビジョンまたは希望を記録するように試みることができます。 慰謝料の手続きについても、合法的に支援することができます。 Law & Moreの弁護士は、人および家族法の分野の専門家であり、このプロセスを、場合によってはパートナーと一緒に案内させていただきます。

シェアする