本当の問題は、機械が考えるかどうかではなく、男性が考えるかどうかです

BFスキナーはかつて「本当の問題は機械が考えるかどうかではなく、男性が考えるかどうかだ」と言っていました

このことわざは、自動運転車の新しい現象や、社会がこの製品を扱う方法に非常に当てはまります。 たとえば、オランダの近代的な道路網の設計に対する自動運転車の影響について考え始める必要があります。 このため、シュルツ・ファン・ヘーゲン大臣は、23月XNUMX日、オランダの第二院に報告書「Zelfrijdende auto's、Verkenning van implicities op het ontwerp van wegen」(「自動運転車、道路設計への影響の調査」)を提供しました。このレポートでは、特に、標識や道路標識を省略したり、道路を異なる方法で設計したり、車両間でデータを交換したりできるようになるという期待について説明しています。 このように、自動運転車は交通問題の解消に貢献することができます。

シェアする