タイトルの保持

民法によれば、所有権は人が善において持つことができる最も包括的な権利です。 まず第一に、それは他の人がその人の所有権を尊重しなければならないことを意味します。 この権利の結果として、彼の商品に何が起こるかを決定するのは所有者次第です。 たとえば、所有者は、購入契約を使用して、自分の商品の所有権を別の人に譲渡することを決定できます。 ただし、有効な転送を行うには、いくつかの法的条件が満たされている必要があります。 最終的に商品の所有権を譲渡する条件は、例えば文字通り購入者に引き渡すことによる問題の商品の配達であり、一般的に考えられている購入価格の支払いではありません。 言い換えれば、購入者は商品の配達時に商品の所有者になります。

タイトル画像の保持

所有権留保は合意されていません

特に、所有権留保に関して購入者と合意していない場合は、上記のようになります。 確かに、配達に加えて、購入価格と購入者による支払いが必要な期間は、購入契約で合意されています。 ただし、配達とは異なり、購入価格(の支払い)は所有権の譲渡の法的要件ではありません。 したがって、購入者が(全額を)支払わずに、最初に商品の所有者になる可能性があります。 その後、買い手は支払いませんか? その場合、たとえば、単に商品を回収することはできません。 結局のところ、無料の購入者は、その商品に対して取得した所有権を呼び出すだけでよく、今回は問題のアイテムの所有権を尊重することが期待されます。 言い換えれば、その場合、あなたはあなたの善や支払いがなく、したがって手ぶらでいるでしょう。 買い手が支払うつもりであるが、実際の支払いが行われる前に破産に直面している場合も同じことが当てはまります。 ちなみにこれは避けられる不快な状況です。

予防措置としての所有権留保

結局のところ、予防は治療よりも優れています。 そのため、利用可能な可能性を使用するのが賢明です。 たとえば、商品の所有者は、購入者が特定の条件を満たした場合にのみ所有権が購入者に渡されることに同意することができます。 このような条件は、たとえば、購入価格の支払いにも関連する可能性があり、所有権留保とも呼ばれます。 所有権留保はオランダ民法第3条92条で規制されており、合意された場合、買い手が合意した全額を支払うまで、売り手は法的に商品の所有者であり続けるという効果があります。 所有権の保持は、予防措置として機能します。購入者は支払いを怠りますか? それとも、買い手は売り手に支払う前に破産に直面しますか? その場合、売り手は、定められた所有権の留保の結果として、買い手から商品を回収する権利を有します。 買い手が商品の配達に協力しない場合、売り手は法的手段によって差し押さえと死刑執行に進むことができます。 売り手は常に所有者のままであるため、彼の商品は買い手の破産不動産に分類されず、その不動産から請求することができます。 支払い条件は購入者によって満たされていますか? 次に、(のみ)商品の所有権が購入者に渡されます。

所有権留保の例:雇用購入

当事者が所有権留保を利用する最も一般的な取引の7つは、雇用購入、またはたとえば、第1576A条:XNUMXBWで規制されている分割払いの自動車の購入です。 したがって、賃貸購入には分割払いの売買が含まれ、当事者は、販売された商品の所有権が配達によって譲渡されるだけでなく、購入契約に基づいて購入者が支払うべき金額の全額を支払うことによってのみ譲渡されることに同意します。 これには、すべての不動産およびほとんどの登録不動産に関連する取引は含まれません。 これらの取引は、法律により雇用購入から除外されています。 最終的に、雇用購入スキームは、たとえば自動車の購入者を軽度の雇用購入から保護し、販売者を購入者側の一方的な強い立場から保護するという義務的な規定を目的としています。 。

所有権留保の有効性

所有権留保を効果的に運用するためには、書面で記録することが重要です。 これは、購入契約自体または完全に別個の契約で行うことができます。 ただし、所有権の留保は通常、一般的な利用規約に定められています。 ただし、その場合は、一般的な条件に関する法的要件を満たす必要があることに留意する必要があります。 一般的な利用規約と適用される法的要件の詳細については、以前のブログのXNUMXつをご覧ください。 一般的な利用規約:それらについて知っておくべきこと.

有効性の観点から、含まれる所有権の保持も有効であることも重要です。 このためには、次の要件を満たす必要があります。

  • ケースは、決定可能または識別可能である必要があります(説明)
  • ケースが新しいケースに組み込まれていない可能性があります
  • ケースが新しいケースに変換されていない可能性があります

さらに、所有権留保に関する規定を狭すぎないことが重要です。 所有権留保が狭くなるほど、より多くのリスクが未解決のままになります。 したがって、複数の商品が売り手に配達される場合、たとえば、これらの商品の一部がすでに支払われている場合でも、購入価格の全額が支払われるまで、売り手が配達されたすべての商品の所有者であり続けるように手配するのが賢明です。買い手。 同じことが、売り手によって配達された商品が処理されている、または少なくとも処理されている買い手の商品にも当てはまります。 この場合、これは所有権留保の延長とも呼ばれます。

重要な注意点として所有権留保の対象となる購入者による疎外

所有権留保が合意されているため、買い手はまだ所有者ではないため、原則として、別の法的所有者を作ることもできません。 実際、購入者はもちろん、商品を第三者に販売することでこれを行うことができます。これも定期的に行われます。 ちなみに、売り手との内部関係を考えると、それでも買い手は商品を譲渡することを許可される場合があります。 どちらの場合も、所有者は第三者から商品を回収することはできません。 結局のところ、所有権の保持は、売り手が買い手に対してのみ規定しているのです。 さらに、第三者は、そのような購入者の請求に対する保護の文脈において、民法第3条86項の規定、言い換えれば誠実に依拠することができます。 これは、この第三者が買い手と売り手の間の所有権留保を知っている場合、または所有権留保の下で配達される商品が業界で慣例であり、買い手が経済的に病気であることを知っている場合にのみ異なります。

所有権の留保は、法的に有用であるが難しい構造です。 したがって、所有権留保に入る前に専門の弁護士に相談するのが賢明です。 あなたは所有権留保を扱っていますか、それともそれを起草するのに助けが必要ですか? 次に連絡する Law & More。 に Law & More 私たちは、そのような所有権留保の欠如またはその不正確な記録が広範囲にわたる結果をもたらす可能性があることを理解しています。 私たちの弁護士は契約法の分野の専門家であり、個人的なアプローチを通じて喜んでお手伝いします。

シェアする