ロッテルダム港と世界ハッカー攻撃のTNT犠牲者

27年2017月XNUMX日、ランサムウェアの攻撃が原因で、国際的な企業でITが誤動作しました。

オランダでは、APM(ロッテルダムの最大のコンテナ輸送会社)、TNT、および製薬会社のMSDが、「Petya」と呼ばれるウイルスによるITシステムの障害を報告しました。 コンピュータウイルスはウクライナで始まり、銀行、企業、ウクライナの電力網に影響を与え、その後世界中に広まりました。

サイバーセキュリティ会社のESET Dave Maaslandのディレクターによれば、使用されているランサムウェアはWannaCryウイルスに似ています。 ただし、以前のバージョンとは異なり、データは変更されませんが、情報はすぐに完全に削除されます。

インシデントは、サイバーセキュリティで協力する必要性を再度確認します。

2017-06-27

シェアする