税金:過去と現在

税の歴史はローマ時代に始まります。 ローマ帝国の領土に住む人々は税金を払わなければなりませんでした。 オランダで最初の税法が1805年に発表されました。課税の基本原則が生まれました。それは所得です。 所得税は1904年に正式に制定されました。

VAT、所得税、給与税、法人税、環境税–これらはすべて、私たちが今日支払う税金の一部です。 私たちは政府と地方自治体に税金を支払います。 収入があれば、たとえばオランダのインフラ省が堤防を処理できます。 または公共交通機関の州。

エコノミストはまだ次のような質問について話し合っています:誰が税金を払うべきか? 税の制限は何ですか? 税収はどのように使われるべきですか? 税金のない国は国民の面倒を見ることができません。

2017-06-15

シェアする