扶養手当

一部の州では「配偶者手当」として知られており、夫または妻に扶養手当を支給することができます。 扶養手当とは、別居または離婚契約の範囲内で配偶者または元配偶者に与えられる裁判所命令による支払いを指します。 その背後にある理由は、収入が少ない、または場合によってはまったく収入がない配偶者に経済的支援を提供するためです。 たとえば、子供がいる場合、男性は歴史的に稼ぎ手であり、女性は子供を育てるためのキャリアをあきらめ、離婚や離婚後に経済的に不利になる可能性があります。 多くの州の法律は、離婚した配偶者は、結婚したときと同じ生活の質を生きる権利を持っていると定めています。

Law & More B.V.