ライセンス契約

知的財産 第三者による不正使用からあなたの作品やアイデアを保護する権利が存在します。 ただし、場合によっては、たとえば、自分の作品を商業的に利用したい場合は、他の人がそれを使用できるようにしたい場合があります。 しかし、あなたはあなたの知的財産に関して他の人にどのくらいの権利を与えたいですか? たとえば、第三者はあなたが著作権を保持しているテキストを翻訳、短縮、または改作することを許可されていますか? または、特許発明を改善しますか? ライセンス契約は、知的財産の使用と利用に関する互いの権利と義務を確立するための適切な法的手段です。 この記事では、使用許諾契約に含まれる内容、その種類、および通常この契約の一部である側面について正確に説明します。

ライセンス契約

知的財産とライセンス

精神的労働の結果は知的財産権と呼ばれます。 さまざまな種類の権利は、性質、取り扱い、および期間が異なります。 例としては、著作権、商標権、特許、商号などがあります。 これらの権利はいわゆる排他的権利であり、第三者は権利を保有する者の許可を得た場合にのみそれらを使用することができます。 これにより、手の込んだアイデアや創造的な概念を保護することができます。 第三者に使用許可を与えるXNUMXつの方法は、ライセンスを発行することです。 これは、口頭または書面のいずれかで、任意の形式で与えることができます。 これをライセンス契約に書面で記載することをお勧めします。 独占的な著作権ライセンスの場合、これは法律によっても義務付けられています。 書面によるライセンスも登録可能であり、ライセンスの内容に関して紛争やあいまいさが生じた場合に望ましいものです。

使用許諾契約の内容

ライセンス契約は、ライセンサー(知的財産権の所有者)とライセンシー(ライセンスを取得する者)の間で締結されます。 契約の核心は、ライセンシーが契約に記載された条件の範囲内でライセンサーの独占的権利を使用できることです。 ライセンシーがこれらの条件を順守している限り、ライセンサーは彼に対して彼の権利を行使しません。 したがって、内容に関しては、ライセンサーの制限に基づいてライセンシーの使用を制限するために規制すべきことがたくさんあります。 このセクションでは、使用許諾契約に規定できるいくつかの側面について説明します。

締約国、範囲および期間

まず、特定することが重要です パーティー 使用許諾契約書に記載されています。 グループ会社の場合、誰がライセンスを使用できるかを慎重に検討することが重要です。 さらに、当事者は完全な法定名で呼ばれる必要があります。 さらに、スコープを詳細に説明する必要があります。 まず、明確に定義することが重要です ライセンスが関連するオブジェクト。 たとえば、それは商品名だけに関係するのでしょうか、それともソフトウェアにも関係するのでしょうか? したがって、契約における知的財産権の説明、および、たとえば、特許または商標に関係する場合は出願番号および/または公開番号を記載することをお勧めします。 第二に、それは重要です このオブジェクトの使用方法。 ライセンシーは、サブライセンスを残したり、製品やサービスで使用することによって知的財産権を利用したりできますか? 第三に、 領土 ライセンスを使用できる場所(たとえば、オランダ、ベネルクス、ヨーロッパなど)も指定する必要があります。 最後に、 期間はする必要があります 合意されますが、これは固定または無期限の場合があります。 関係する知的財産権に期限がある場合は、これも考慮に入れる必要があります。

ライセンスの種類

契約には、それがどのような種類のライセンスであるかも記載する必要があります。 さまざまな可能性がありますが、その中で最も一般的なものは次のとおりです。

  • 排他的: ライセンシーのみが知的財産権を使用または利用する権利を取得します。
  • 非独占的: ライセンサーは、ライセンシーに加えて他の当事者にライセンスを供与し、知的財産権自体を使用および利用することができます。
  • 唯一: XNUMX人のライセンシーがライセンサーと一緒に知的財産を使用および利用できる半独占的なタイプのライセンス。
  • オープン: 条件を満たす利害関係者はライセンスを受け取ります。

多くの場合、独占ライセンスに対してより高い料金を取得できますが、これが適切かどうかは特定の状況によって異なります。 非独占的ライセンスは、より柔軟性を提供する場合があります。 また、独占ライセンスを付与した場合、相手方があなたのアイデアやコンセプトを商品化することを期待しているため、独占ライセンスはほとんど役に立たないかもしれませんが、ライセンシーはそれに対して何もしません。 したがって、ライセンシーがあなたの知的財産権に対して最低限何をしなければならないかについて、ライセンシーに特定の義務を課すこともできます。 したがって、ライセンスの種類によっては、ライセンスが付与される条件を適切に定めることが非常に重要です。

その他の面

最後に、ライセンス契約で通常扱われる他の側面があるかもしれません:

  • 世界 とその量。 料金が請求される場合、それは固定の定期的な金額(ライセンス料金)、ロイヤルティ(たとえば、売上高のパーセンテージ)、またはXNUMX回限りの金額(たとえば、売上高のパーセンテージ)にすることができます。一時金)。 不払いまたは延滞の期間と取り決めについて合意する必要があります。
  • 準拠法、管轄裁判所 or 仲裁/調停
  • 機密情報 及び 秘密
  • 侵害の解決。 ライセンシー自身は、許可なく手続きを開始する権利を法的に与えられていないため、必要に応じて、これを契約で規制する必要があります。
  • ライセンスの譲渡可能性:ライセンサーが譲渡可能性を望まない場合は、 縮小することはできません。.
  • 知識の移転: ノウハウについては、ライセンス契約を締結することもできます。 これは機密知識であり、通常は技術的な性質のものであり、特許権の対象にはなりません。
  • 新しい開発。 知的財産の新たな開発もライセンシーのライセンスによってカバーされるかどうかについても合意がなされなければなりません。 ライセンシーが製品をさらに開発し、ライセンサーがこれから利益を得ることを望んでいる場合もあります。 その場合、知的財産の新規開発のライセンサーに対する非独占的ライセンスを規定することができます。

要約すると、ライセンス契約は、ライセンサーが知的財産を使用および/または利用する権利をライセンシーに付与する契約です。 これは、ライセンサーが自分のコンセプトを商品化したり、別の人が作業したりする場合に役立ちます。 あるライセンス契約は別のライセンス契約とは異なります。 これは、範囲と条件が異なる可能性がある詳細な合意であるためです。 たとえば、さまざまな知的財産権とその使用方法に適用される場合があり、報酬と独占権の点でも違いがあります。 この記事が、使用許諾契約、その目的、およびその内容の最も重要な側面についての良いアイデアを提供してくれることを願っています。

この記事を読んだ後も、この合意について質問がありますか? その後、お問い合わせください Law & More。 当社の弁護士は、知的財産法、特に著作権、商標法、商号、特許の分野を専門としています。 私たちはあなたのすべての質問に答える準備ができており、あなたが適切なライセンス契約を作成するのを喜んでお手伝いします。

シェアする
Law & More B.V.